開館時間は月曜日ー日曜日、朝10時ー午後5時となっております。当館の安全プロトコルはこちらをご覧ください。
*バザーは2023まで延期されました。

collage of scenes with focus on two men
image of man holding old camera
image of people in a car

キネマの神様

原田マハの同名小説を山田洋次監督が映画化。“映画の神様”を信じ続ける男の人生と、彼を取り巻く人々との愛や友情、家族の物語を描く。

無類のギャンブル好きで妻や娘からも見放されているダメ親父のゴウは、若い時は映画監督を目指し、助監督として撮影現場で働いていた。撮影所近くの食堂の娘・淑子や仲間の映写技師テラシンとともに夢を追い求めていたが、初監督作「キネマの神様」の撮影初日に大ケガを負い、作品は幻となってしまう。挫折を味わったゴウは夢を諦め、撮影所を辞めた。それから約50年、かつて自身が手がけた「キネマの神様」の脚本を孫が見つけたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める。

 


予告

 

 


山田洋次監督からのビデオメッセージ

 

 

©2021 "It's a Flickering Life" Film Partners 

 

 Screening Sponsor:

画像
Bento Sushi Logo

 

 

 

 

Director
山田洋次
Starring
沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、北川景子、宮本信子
Premiere
Canadian Premiere
Date
Runtime
125分

Admission

Fee

一般: $15
JCCC会員: $12
*税込み

*返金・交換は出来かねますので、予めご了承ください。
英語字幕付き

Share With Friends