JCCC Movie Night – “Dear Etranger”

Posted on: March 14th, 2018
When:
May 17, 2018 @ 7:00 pm – 9:15 pm
2018-05-17T19:00:00-04:00
2018-05-17T21:15:00-04:00

Dear Etranger

Shinichi is a model father to his family, quick to leave the office to spend time with his two step-daughters Kaoru and Eri. He never misses a catch-up day with his biological child Saori either. But when his wife announces she’s pregnant, the delicate balance is thrown off. Kaoru starts rebelling, Shinichi’s job is in jeopardy and his world begins to crumble…

Director Yuki Mishima and a talented cast tell a humane and nuanced story about family and relationships. Winner of the Special Grand Prix of the Jury Award at the Montreal World Film Festival 2017.

Starring Tadanobu Asano, , Rena Tanaka, Shinobu Terashima, Kankuro Kudo, Sara Minami, Raiju Kamata

Date: Thursday May 17, 2018
Time: 7:00pm
Tickets: $10 (JCCC member); $12 (General)
Tickets may be purchased at JCCC Reception, 416-441-2345.

幼な子われらに生まれ

直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈主演で映画化したヒューマンドラマ。

中年サラリーマンの信と妻の奈苗はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘とともに幸せに暮らしていた。奈苗の妊娠が発覚し、長女が「本当のパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親である沢田とはDVが原因で離婚していたため、信と奈苗は長女が沢田と会うことに反対するが、長女は父親としての信の存在自体を辛辣な言葉で否定する。そんな長女を前妻との間に生まれた実の娘とつい比べてしまい、現在の家庭を維持することに疲弊した信は、新たに生まれる命の存在すらも否定したくなる心境になっていく。

信役、奈苗役を浅野と田中が、奈苗の前夫役を宮藤官九郎、信の前妻役を寺島しのぶがそれぞれ演じる。監督は「幸せのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子。1996年の小説発表時から重松と映画化の約束を交わしていたという、荒井晴彦が脚本を担当した。

-映画.comより-